福岡のPMD医学部予備校似通って感じたこと

あらゆる側面から合格までしっかりとサポートしてくれたことが助かりました

医学部予備校 福岡2020福岡大学医学部受験情報 | 医学部受験バイブル

早起きをすることで、結果的には毎日の長い勉強期間を確保できたのです。
この予備校では、テスト科目の学習だけではなく、小論文や面接などの指導もしてくれたためとても助かりました。
あらゆる側面から合格までしっかりとサポートしてくれたことが助かりました。
PMD医学部予備校の講師たちは、医学に関する知識がある上、受験に精通したプロ講師であるため、頼り甲斐がありました。
また、この予備校のカリキュラムは、全国の国公立・私立の医学部に対応しているのも魅力で、自分の志望校も幅広い選択肢がありました。
志望校選択にあたって、講師たちがしっかりとサポートしてくれたのも嬉しかったです。
成績状況は報告書としてまとめて親に送ってくれました。
学習環境が優れている予備校で、教室スペースは広く、次週ルームもパーティションで仕切られていたため、自習に集中できました。
自習室は平日が22時までで、土日は18時まで利用できました。
カフェコーナーも利用できるうえ、一人ひとりに個人ロッカーがあるのも便利でした。
この予備校を利用するにあたって、最も気になったのは受講料ですが、私は国立コースのゼミを選択しましたので、入学金が30万円で、教材費が10万円、受講料が360万円で、合計すると400万円でした。
参考までに、私立のゼミコースについて紹介すると入学金30万円、教材費10万円、受講料320万円で合計360万円です。
その他、マンツーマンコースは別料金となり、入学金は30万円、テキスト代として10万円、マンツーマン授業量については1回の授業あたり16,000円でした。

医学部受験のためにPMD医学部予備校に通いました | この予備校では、マンツーマンコースもありました | あらゆる側面から合格までしっかりとサポートしてくれたことが助かりました